【実践】tadacoin(タダコイン)の出金方法 「tadacoinからbitflyer(ビットフライヤー)」へ

どうも、ユイナツです。

 

以前紹介した『tadacoin(タダコイン)』ですが、
ぼちぼち溜まってきたので、試しに、1度出金してみました。

ちゃんと送金できましたよ。
今回は、tadacoinの出金方法について紹介します。

そもそも、『tadacoin(タダコイン)』って何?
という方は、以下記事参考ください。

【小遣い最適】無料で貰えるビットコイン 配布量最大級の”tadacoin”(タダコイン)の使い方

2019年1月12日




出金方法

 

流れは以下の3点です。

①出金したいウォレット等のビットコインアドレスをコピーしておく
②tadacoin(タダコイン)側から出金手続き
③受け側の着金を確認する

では、画像解説していきます。
※今回はビットフライヤーへの出金(預入)なので、
画像はビットフライヤーですが、タダコイン側の出金作業は同じなので参考にして下さい。

 

①出金したいウォレット等のビットコインアドレスをコピーしておく

1.ビットフライヤーにログイン、ハンバーガーメニューをタップ。

2.「ビットコイン」→「入金」をタップ。

3.「ビットコインアドレス」をタップしてコピー。

これで事前準備は完了です。

 

②tadacoin(タダコイン)側から出金手続き

1.タダコインにログイン、「マイページ」をタップ

 

2.「bitcoinを引き出す」をタップ

 

3.先にコピーした「ビットコインアドレス」、
「引き出し希望額」を入力し、reCAPTCHA→「send Bitcoin」をタップ

これで、出金手続の作業自体は、完了です。

 

③受け側の着金を確認する

以下、bitflyerの入出金履歴画面です。
ちゃんと着金していました。

 

注意点

送金手数料

出金に際しては、「送金手数料」がかかります。

なお、送金手数料は、変動するので
確認してからの出金手続きをされて下さい。

ちなみに今回は、
50,000satoshi(約300円)を出金するのに、
0.0001BTC(約60円)の送金手数料でした。

お試しで出金を実践しましたが、割高感ハンパなかったですね。

フォーセットで地道に貯めたコインなため
感覚的にすごく高い印象に。。

ただ、

代表的な取引所であるビットフライヤーでは0.0004BTC、
コインチェックでは0.001BTCの送金手数料がかかりますので、
絶対値的には、タダコインの方が安いです。

 

出金額制限

出金に際しては、「出金額の上限」が決められてます。

これはtadacoin(タダコイン)内でのレベルに応じての制限で
詳細は、下記の通りです。

つまり、
同じ手数料を払うのであれば、レベルを上げてからの出金がおすすめです。

フォーセットでコツコツ貯めていくスタンスの私にとっては、
出金タイミングだけは、レベルを上げ対応するのが良さそうですね。

レベルアップ方法の詳細は公式サイトで確認ください。

 

まとめ

 

今回は、『tadacoin(タダコイン)』の出金を試してみました。
出金作業自体は煩雑さもなく問題なしでしょう。

ただ、出金手数料が気になりですね。
出金手数料の変動があるので、出金タイミングを図ること、
またレベルアップにて出金額制限を上げておくことができる対応かと思います。

ありがとうございました。

 




  \シェアはこちら/