【SIM2fly】バリ島旅行はWi-fiレンタルよりsimカード。 iPhoneでの設定から、使用感まで。

どうも、
ユイナツです。

 

この記事にたどり着いたということは、
海外旅行計画中の方も多いことでしょう。

羨ましい限りです。

今回は、海外旅行でネットを使うにあたって
海外simであるSIM 2 Flyについて実体験も含めて紹介します。

 

ちなみに、
私は、インドネシア バリ島に家族3人で4泊6日の旅にて使用しました。

 

紹介する『SIM 2 Fly』というsimカードは
世界72カ国対応なので、
バリ島以外を予定している方ももちろん大丈夫です。

例えば、
レンタルwi-fiだと、
wi-fi本体、予備の電池パック、
電源コードなど手荷物が増えますよね。

『SIM 2 Fly』は
お出かけ、またアクティブな旅行予定の方には
余分な手荷物というストレスもなく、
もってこいかもしれません。

 




SIM 2 Flyとは

 

AIS社が販売しているプリペイド型のsimカードです。

プリペイド型で前払いなので帰国後、
高額な請求が来ることもなく安心して使えます。

 

ちなみに、
AISは、タイの大手通信事業会社で、日本でいうところの
docomo、au、Softbankなど大手キャリアとお考えください。
AIS社公式

 

公式によると

現在、SIM取り扱いは、以下の3種類です。

商品 対応国 通信容量 有効期間 価格
アジア&
オーストラリア
18カ国 4GB 8日間 399バーツ
(約1400円)
グローバル 72カ国 4GB 15日間 899バーツ
(約3200円)
グローバル 72カ国 15GB 1年 2799バーツ
(10000円)

※2019.4公式HPにて確認時点。

 価格も約1400円、3200円とリーズナブルですよね。

 

購入は、
国内でもAmazon、楽天市場で購入可能です。

※購入する際、
商品名/商品概要に、対応国の数、通信容量にいくつかパターンがありますが、これは徐々に対応国、通信容量の幅が広がった経緯があるためと思われます。
なお、グローバル 15GB版については、最近提供開始されたもので、
現在、日本では購入できません。

 

SIM 2 Flyの特徴

 

簡単に紹介すると、以下の特徴があります。

 

【良い点】
・世界72カ国/地域で使用可能
・通信容量は4GB or 15GB
 (追加チャージも可能)
・有効日数は8日間 or 15日間 or 1年間
・価格がリーズナブル
・デザリング使用可能
・日本でも使用可能
・simサイズが3種類(通常、micro、nano対応)
・データを使い切っても128kbpsにて通信は可能
悪い点
・チャージなしで音声通話はできない
  (LINE電話は大丈夫です)
・タイではチャージしないと使えない

後に使用感も書きますが、個人的には大満足でした。

 

さて、いくつか補足します。

 

対象の72カ国/地域とは

 

【アジア&オーストラリア版では18カ国】

日本、韓国、シンガポール、マレーシア、香港、ラオス、
インド、台湾、マカオ、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、
ネパール、オーストラリア、インドネシア、カタール、スリランカ
中国(チベットを含む)

 

【グローバル版ではアジア&オーストラリア版含む72カ国】
アジア&オーストラリア版の18カ国に加えて

ベトナム、ラトビア、リトアニア、クロアチア、コロンビア
セルビア、デンマーク、ブルガリア、マケドニア、メキシコ
リヒテンシュタイン、スロベニア、アルゼンチン、イスラエル
エストニア、ギリシャ、カナダ、サンマリノ、トルコ、ノルウェー
ニュージーランド、オランダ、ベルギー、プエルトリコ、
ポーランド、ポルトガル、フランス、フィンランド、
ドイツ、ロシア、バチカン市国
ウェールズ、スコットランド、スペイン、
スバールバル諸島とヤンマイエン島、スイス、スウェーデン、
アメリカ合衆国(ハワイ含む)
チェコ共和国、アメリカ領ヴァージン諸島、オーランド諸島、
オーストリア、イギリス、イタリア、南アフリカ、オマーン、
アイルランド、北アイルランド、ハンガリー、クウェートNEW!
パキスタンNEW!エジプトNEW!
アイスランドNEW!ブルネイNEW!

いわゆる海外旅行で訪れる先は、

概ね網羅してるので、十分すぎます。

私はこれからも海外旅行時には、SIM2Flyにお世話になろうと思ってます。

 

通信容量について

 

公式の販売ラインナップによると、

4GB or 15GBと2種類あります。

一般的な海外旅行(1週間程度)であれば4GBで十分です。

私は4泊6日で、結果2GB以上相当余りました。
(残通信容量の確認の仕方は後述します。)

有効日数(利用期限)について

 

以下の通りになってます。

 

・アジア&オーストラリア版:8日間

・グローバル版:15日間 or 1年間

 

 

起算のタイミングは、
通信を開始してから
です。

具体的には、SIMを自身の端末に差し込み、
データローミング設定をオンにし、
電波をキャッチした時です。
(繋るとSMS案内メールが届きますのでそれが合図と思えばいいでしょう。)

 

つまり、
日本で事前準備をしていく。
試しに繋いでみる。
なんて時は、
旅行日数を考慮して準備を進めないと、
いざ旅行期間中に有効期間が切れて
ネットに繋げなくなる可能性もあるのでご注意くださいね。

 

その他、細かいですが、

 

時差も注意してください。

 

当SIMカードを取り扱ってるのはタイの会社。
ですので、タイ時刻(日本より2時間遅い)でカウントが開始されます。

 

SIM 2 Flyの設定(iPhone用)

 

前提として、SIM 2 Flyを使うには

SIMフリーiPhoneが必要になりますのでご準備ください。

SIMロック解除についてはこちらから(Y!mobile)

【画像解説】3分で。simロック解除方法/Y!mobile(ワイモバイル) iPhone編

2019年4月1日

 

さて、
simカード設定は簡単です。

iPhoneの場合、3ステップです。

1.SIM 2 Flyを購入・用意する
2.SIMをSIM 2Flyと入れ替える
3.データローミングをオンにする

以下、画像付きで解説します。

 

準備するもの。

・iPhone
・SIM交換用ピン
・SIM 2 Fly

 

1.SIM 2 Flyを購入・用意する

今回は、アジア&オーストラリア版4GB 8日間(¥1400)

SIMサイズは

通常、マイクロ、ナノと3種類です。

iPhone5以降であれば、nano simが採用されているので、
ナノサイズまでサイズカットを。

切れ込みが入ってるので問題なく
サイズカットできると思いますが割らないように。

2.SIMをSIM 2Flyと入れ替える

ピンを差し込み、、押す。

 

続けて、SIMを『SIM 2 Fly』へ入れ替える
※元々使用していたsimは、
絶対、紛失しないように保管してくださいね。

 

電源を入れ、アクティベートする。

 

3.データローミングをオンにする

ホーム画面から設定アプリへ。

「モバイル通信」をタップ

 

「通信のオプション」をタップ

 

「データローミング」をオンにする

以上で、設定・開通作業の完了です。

日本ではSoftbankの電波を拾います。

 

通信の開始時、何通かSMSが送られてきますが、
基本は無視でいいです。
追加データ購入は何円です、的なメールでした。

確認すべきは、以下のメールくらいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、電波を捕まえない時は、、

APN設定(プロファイルの削除)を試してみてください。

 

設定関連は以上です。

 

使用感について

感想

総じては問題なく、
快適に過ごすことができました。

私はこれまで、
レンタルwi-fiでの旅行機会が多かったですが、
レンタルwi-fiのように荷物にもなりませんし、
『SIM 2 Fly』は価格も申し分なく
オススメできます。

 

が、焦った出来事も。

 

いざ、デンパサール(ングラライ空港)に到着し、
電源を入れると程なく、

IND TELKOMSELなる電波をキャッチ。

試しにgoogle検索、LINEを使ってみましたが、
繋がらず。。。

なぜか。

理由は分からずでしたが、
30分後くらいには無事にネットを使用することができました。
(ちょっと焦りましたね。
ネットなしの生活を覚悟するか、
ホテルのフリーwi-fi接続して、原因探索か。
街のsim購入するかの選択肢がよぎりました。)

 

後に口コミ見てみると、繋がるまでタイムラグがあった
方もいらしたみたいです。
もし、その場合は焦らず時間をおいて再トライしてください。

 

今回は、バリ島の中部に位置するウブドに宿泊しましたが、
電波状況も悪くなく、4G電波を拾い続けてくれていました。

 

残通信容量の確認方法

 

1.ダイヤルにて以下を、入力発信ボタンをタップ。
 *111*6#
(アスタリスク 111 アスタリスク 6 シャープ)

 

 

2.SMSで以下のように送られてきます。

英語は読めなくても数字でなんとなくわかりますね。

「残量は3GB854.9MB、期限は3/24まで有効ですよ〜」

って趣旨ですね。

 

日本でも使用可能

 

私の場合、
最終的(帰国時)に通信容量が2GB余りましたが、
余ったものは、帰国後に使用しました。
無駄も少ないですね。

それでも全ては使い切れなかったので、
今思えば、日本でも使用可能なのであれば、
日数に余裕のある15日間のものでもよかったなぁと、、

 

通信量の節約の小技

 

4GBパッケージを購入し、
2GB余らせて帰国した私ですが、、、

もし、少しでも通信容量を節約したいという方は、
現地で地図を使用する際、
ナビ(googleマップ)をオフラインにて
使用することを提案します。

googleマップのオフライン使用は意外と知られてませんが、
オフラインでも機能しますので!

 

まとめ

 

今回はAIS社の『SIM 2 Fly』を紹介しました。

私としては満足度は高かったです。

 

冒頭にも書きましたが、
レンタルwi-fiと比較すると、
手荷物が増えることがないですし、
価格は安い。
(大人数で1台をシェアする場合はこの限りではない)
対応国も多く、海外旅行には今後も使用したいと思います。

 

 

是非、検討されてはいかがでしょうか。

ありがとうございました。

 

 




  \シェアはこちら/